入れ歯|杉並区阿佐谷南 患者さまとのコミュニケーション・信頼関係を大切にする歯医者 阿佐谷歯科医院

月火水金 9:30 - 13:00 / 14:30 - 20:00
土 9:30 - 13:00 / 14:30 - 18:00
休診日:木・日・祝

0120-418-815

または 03-3391-9049
メール予約
電話をかける電話 ご予約

入れ歯 DENTURE

入れ歯の種類

歯周病や事故など、何らかの理由で歯を失った場合、そのままにしておくと歯並びや噛み合わせの乱れにつながり、見た目だけでなく全身の健康に影響を及ぼしてしまいます。そのため、速やかに自分の歯の代わりになる人工歯を入れる必要があります。その方法のひとつに「入れ歯」があります。
入れ歯には大きく分けて「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

入れ歯の種類

総入れ歯

歯が残っていないときに使う入れ歯です。上顎または下顎の歯列が一続きになっており、粘膜との吸着力で床(しょう=土台)を支えます。

部分入れ歯

1本でも歯が残っているときに使う入れ歯です。歯を失った部分に床(しょう=土台)を乗せて支えます。

また、いずれも保険診療のものと自費診療のものがあります。
機能性や審美性、費用などの違いがありますので、ご希望やライフスタイルなどに合わせて、適したものを選びましょう。

保険診療の入れ歯

低価格で作製できます。しかし使える材料がレジン(プラスチック)に限られますので、人工歯の色調や透明感が天然歯と合わないことがあります。また、歯肉の部分に柔軟性がないので装着感に劣り、床も厚みがあって熱が伝わりにくいので、食べ物の温度や味を満足に感じられません。
残っている歯に留め金をかけて固定しますので、口を開けたときに留め金が見えたり、安定感に欠けることもあります。

自費診療の入れ歯

高額になりますが、使える材料に制限がありません。人工歯にセラミックなどを使えますので、色調や透明感が天然歯のように仕上がります。歯肉の部分が、シリコンやポリアミドなど柔軟性や弾力性のある材料で作られたものを選べますので、快適に装着できます。また、床も薄い金属のものを選ぶことで、熱が伝わりやすく、食べ物の温度や味も感じやすくなります。
残っている歯に固定する留め金が目立たない、または留め金がないので、パッと見て入れ歯だと気づかれにくく、審美性に優れたものをつくることができます。

当院の入れ歯

当院に来院される患者さまのなかには、「インプラントではなく入れ歯がいい」「合わない入れ歯をつくり直したい」とおっしゃる方が少なくありません。

当院ではさまざまな入れ歯をご用意しておりますので、患者さまのご希望やライフスタイルなどに合わせ、ご相談しながら適したものを選んでおります。
ここでは、ご希望される患者さまが多い「留め金の見えない入れ歯」の一部をご紹介させていただきます。

ポリアミド製ノンクラスプデンチャー

留め金のない(=ノンクラスプ)部分入れ歯で、歯肉の部分がスーパーポリアミドというナイロン系の材料でできていますので、見た目を気にせずお使いいただけます。
従来の入れ歯とは、以下のような違いがあります。

  • ポリアミド製ノンクラスプデンチャー

    ポリアミド製ノンクラスプデンチャー

  • 審美性

    入れ歯だということがわかりやすい質感です。

    歯肉を透過するような透明感がありますので、見た目が自然に仕上がります。

  • 装着感

    厚みや重さがあるので、違和感があります。

    薄くて軽く、歯肉にフィットしますので、違和感がなく快適です。

  • 強度

    材料の都合上、破折に弱くなります。

    柔軟性や弾力性があり、破折に強くなっています。

  • 残りの歯への負担

    留め金があるので、残りの歯に負担をかけることがあります。

    留め金がありませんので、残りの歯に負担をかけずにすみます。

  • 残りの歯への負担

    金属アレルギーを発症することがあるので、注意が必要です。

    金属を使っておりませんので金属アレルギーになる心配がありません。

そのため、
・周りの人の視線が気になる
・口の中に違和感があり、使い心地が悪い
・発音の悪さや噛みづらさを感じる
・金属アレルギーがある
などのお悩みをおもちの方は、このポリアミド製ノンクラスプデンチャーをご検討されてみてもよいかもしれません。

磁性アタッチメント義歯

残ってる自分の歯に磁性金属を埋め込み、入れ歯に超小型磁石を取りつけ、磁力により吸着させる入れ歯です。留め金がないので健康な歯への負担がなく、見た目が美しいので周りの方の視線が気になりません。
磁力は、使用する磁石の大きさによって異なりますが、アタッチメント1個当たり最大600gの力があるといわれております。
アタッチメントの数も歯の抜け方によって異なりますが、一般的には1~4個必要です。磁石の数が多いほど吸着力は強くなりますが、残っている歯がどれだけしっかりしているかで、つける数は変わります。
歯がまったくない方や、しっかりとした歯が1本もない方には、適応いたしません。

PAGE
TOP
お電話でのお問い合わせ お電話での
お問い合わせ
WEBからの
ご予約