小児矯正歯科|杉並区の阿佐谷歯科医院

 
JR阿佐ヶ谷駅・丸の内線・南阿佐ヶ谷 駅アクセス 阿佐谷歯科医院・阿佐ヶ谷 予約メール
 
 
小児歯科
 
 

歯科治療予約 阿佐谷矯正歯科医院

s 【当院関連リンク】
当院の患者様ブログ 「ナナの矯正日記」 クリニックレポート カウンセリングルーム スルガ銀行のデンタルローン

携帯への医院情報登録は
こちらから!

阿佐谷歯科医院情報

小児矯正

 

お子様の歯並びやお口の中の状態はいかがですか?

小児矯正

お子様の歯並びを整えてあげることは親御さんの役目です。

きれいな歯並びはお子様の心と体の成長には不可欠で、虫歯予防にもつながります。

次のような症状やご心配事がある場合はお気軽にご相談ください

・歯がガタガタでこのままだと永久歯になったときに並びそうにない。

永久歯をきれいに並べるにはスペースの確保が重要です。

小児矯正では、成長を利用した側方拡大(横に広げる事)や遠心移動(奥に移動させる事)により、できるだけ歯を抜かずに咬み合わせをつくります。成長期を過ぎると抜歯の確率が高くなります。

・出っ歯気味の骨格である、受け口気味(反対咬合)である。

身長の伸びとともに顎も成長します。

上顎の成長期と下顎の成長期には差があり、骨格に問題がある場合には、成長抑制装置や成長促進装置、急速拡大装置等はその成長期にしか治療を行えません。

特に下顎の成長は長く続きます。反対咬合は早期治療・長期経過観察が必要です。

※この治療は成人してからではできません。

・歯が生えてこない、歯の数は足りているのかが心配。

歯の数の確認は、レントゲンを撮れば簡単にできます。

先天的に歯の数が不足している場合は、矯正でスペースをつめたり、将来的にブリッジやインプラントなどをお勧めする場合もあります。

埋伏歯(骨内にあり自然に出てこない歯)がある場合は、CTで原因を分析し牽引することもできます。

・おしゃぶり癖が抜けない、爪を噛んでしまう。

おしゃぶり防止装置や苦いマニキュアもあります。

・出っ歯で口が閉じない。

見た目のコンプレックスはお子様の心の成長にも影響します。

矯正をしてあげるのは親御さんの役目です。

口が閉じないと口呼吸になったり鼻呼吸ができない場合があり、健康面にも影響を及ぼすかもしれません。

・すきっぱでこのままだと歯の隙間が開いてしまう、上の前歯の真ん中が開いている。

上の前歯の真ん中が開いていて閉じない原因は、上唇小帯(上唇をめくると見える上の前歯の間のヒダ)の付着位置異常や、骨内に過剰歯が存在している、側切歯(二番目の歯)のサイズが小さい、などが考えられます。

スペースは自然に閉じる場合と残ってしまう場合があります。

原因を見極め、それに対する適切な治療が必要です。

乳歯期のスペースには好ましいものもありますが、永久歯では余計なスペースは残してはいけません。

・発音が変、口がいつもポカーンと開いていて口元のしまりがない。

歯並びによっては発音がもれたりする場合があります。

お子様の舌の位置はどこにあるでしょう?舌があるべき正常な位置をご存知ですか?

舌の位置が悪い場合や、お口元のしまりが悪くゆるみがちな方には矯正治療と同時に筋肉のトレーニングを行っていきます。

まずは矯正ご相談からお待ちいたしております。

当院では虫歯の治療も矯正治療と同時進行でいたします。

詳しくは阿佐谷歯科医院の矯正専門サイトを御覧ください。

 

阿佐谷歯科

 
 
   

阿佐谷歯科医院・阿佐谷矯正歯科医院
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南3-1-25

地図はこちらへ

フリーダイヤル: 0120-418-815 (携帯電話からもご利用になれます。)
電話番号:03-3391-9049
http://www.asagaya418.com/

診療時間 
※当院は予約制です。
新患・急患の患者様はご相談ください。

  • 午前9時30分〜午後1時
  • 午後2時30分〜午後8時
  • (土曜日は午後6時まで)
  • 木曜・日曜・祝日は休診させていただきます。